(1)身体の検査

当療法では、施術前に体の検査(観察)を行い、患者さんと共に異常部位を確認・認識します。施術後に再度検査を行い、施術前との違いが実感・納得いただけるようになっているのです。

●閉眼による体の重心検査
●膝関節の検査
●骨盤・股関節の検査
●脊柱の即湾検査・骨盤の歪み
●肩関節の検査
●伏臥位による足底検査
(両足底の内側の延長線上が臀部の中央にあれば正常。ずれていれば異常)

●伏臥位による足底検査。
(両足底の内側の延長線上が腎部の中央にあれば正常。ずれていれば異常)
●これを施術前に行い身体の検査をします。

(2)施術

●施術前【1】平衝性【2】可動性【3】強弱性があるかというと三つの法則に照らして、体の動きと姿勢を観察します。
 次に、整体法で体の歪みを治し、からだの動きと姿勢を均整にし、左右対称(シンメトリー)な正しい体型になれるよう調整します。三つの法則に欠けたものを施術後に再度検査(観察)を行い、施術前との違いを実感・確認します。三つの法則に欠けたものを復帰させれば、いわゆる「病気」は自ら解消するのです。
 さらに、血液循環療法で血液の汚れを取り除き、血液循環を促進することにより循環障害を除去し、自然治癒力を高めることによって、症状を根本から治療することができるのです。
●施術後に再度検査(観察)を行い、施術前との違いを実感・確認します。