「不妊症とは」

 

すぐに妊娠すると思ったのに妊娠しない。自分は不妊症かも知

 れないと感じている方

病院での不妊治療に躊躇している方

何年も不妊治療をしているが妊娠しない方

人工受精・体外受精等の不妊治療が思うように進まず悩んでい

 る方

年齢的にいつまで不妊治療を続けてよいのか悩んでいる方

何度も流産を繰り返している方

妊娠しても流産しないで無事に出産できるのか不安がある方

自然に赤ちゃんを授かりたい方

婦人科疾患(生理痛・生理不順・子宮筋腫・子宮内膜症)を

 患っている方

2人目がなかなかできず、子供に兄弟を作ってあげたいとお考

 えの方

排卵誘発剤の副作用によるOHSS(卵巣過剰刺激症候群)が

 怖い。

 

あなたが、もし、不妊治療についてこのようなお悩みを抱えていらっしゃるのなら、当院は必ずあなたのお役に立つはずです。是非ご相談ください。

 

 

 

不妊治療では、「妊娠する」ことは大切ですが、究極の目的は、「元気な赤ちゃんを産んで育てること」にあります。

 

 妊娠、出産までの過程は、相当な精神的・肉体的なストレスに悩まされます。子孫を残すための命がけの闘いとも言えます。

 

それには、まず母体が健康であることが一番です。当然のことですが、母体である母親が健康になれば、健康な赤ちゃんを産むことに繋がります。

 

「受胎できるからだ」

 

あなたが妊娠しにくいのは大きく分けると3つの可能性が考え

られます。

 

  1. あなたの体が、受胎する準備ができていない

  2. 妊娠する体力がない

  3. タイミングが間違っている

 

 

 

「妊娠して赤ちゃんを産んで育てる」という力は人が本来持っている力のひとつです。

 

 それなのに「妊娠しない」という事は、「人が本来持っている力」を発揮できていないだけなのです。

 

 この力を本来の正常な状態に導くことが出来れば、妊娠することは可能です。

 

 一般的に不妊症の原因は、①卵巣での排卵、②卵管での受精、③卵管内での胚の発育、④子宮内膜の着床、⑤その他男性側、というステップの何処かに原因があります。