茂原・長生 整体・マッサージの爽健療術院(長生村)

不妊症・脳梗塞後遺症片麻痺に特化した治療系専門整体院です。

「不妊症」

「受胎できる体」作りからアプローチします。婦人科諸症状・出産後の

 骨盤矯正・更年期障害の方もお見えになります。

「脳梗塞後遺症・片麻痺」

「脳梗塞後遺症のリハビリ6ヵ月の壁」を越える新しい「脳がよみがえ

る・脳卒中リハビリ技術」が開発されました。

マヒ肢、手指の麻痺改善・治療を望んでいる方に朗報です。リウマチの

方もお見えになります。

「生活不全症」

肩こり・腰痛・膝痛・股関節痛・腕が上がらない・首の後が痛い・背中

が痛い・不定愁訴・自立神経失調症・頭痛・めまい・坐骨神経痛・椎間

板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・パーキンソン病など諸症状の方が来院

されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、あなたはご自身の体についてどのようなことでお悩みですか?

 

脳卒中の後遺症「片麻痺」。6ヵ月経過し改善が見られず意気

 消沈している

不妊症で悩んでいる、病院の検査で異常なしの診断、なぜ妊娠

 できない?

姿勢が悪いので矯正したい。顔の歪み・O脚を矯正して美脚に

 なりたい

 

リウマチ治療、これから妊娠出産を考えている。薬の副作用が

 怖い

産後の骨盤矯正(乳汁不足を含む)で悩んでいる

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)寝たきりや要介護

 は絶対イヤ

生活不全症(肩こり・腰痛・膝痛・股関節痛等)

レントゲンやMRI検査では「異常なし」だが、体の痛み/シビレ

 が辛い

病院でヘルニアの手術を勧められたが、怖くて手術はしたくない

体力の衰えと内臓機能低下(心臓・肝臓・胆嚢・腎臓・脾臓・

 膵臓等)

視力回復(レーシックは高額で怖い。コンタクトの管理が面倒

 になった)

認知症になった家族を、どのようにケアすればよいのか悩んで

 いる

 

このような体の異常でお悩みならば、当院は必ずあなたのお役に立つはずです。是非ご相談ください。

 

 

 

 当院は、「不妊症」「脳梗塞の後遺症片麻痺」に特化した治療系整体院としてリニューアルいたしました。

 

 

不妊症の方には、「赤ちゃんを授かった喜び・幸せ」を、片麻痺の方には「脳がよみがえるー奇跡のリハビリで社会復帰」を、これらの夢と希望を叶えるため、全力で治療に取り組み患者さんのお役に立ちたいと考えたからです。

 

 不妊症―不妊治療では、「妊娠する」ことは大切ですが、究極の目的は、「元気な赤ちゃんを産んで育てること」にあります。

 

それには、まず母体が健康であることが一番です。当然のことですが、母体である母親が健康になれば、元気な赤ちゃんを産むことに繋がります。

 

妊娠、出産までの過程は、相当に精神的・肉体的なストレスに悩まされます。子孫を残すための命がけの闘いとも言えます。

 

さらに、主婦は、家族の協力がない、子育てや仕事・家事が忙しく、睡眠時間をきちんと取れないなど、この時期に、過大なストレスに晒される可能性があるため、まず、「受胎できる体」作りからアプローチします。

 

 

片麻痺―脳卒中後遺症片麻痺などの改善が認められるのは数カ月、長くても6カ月で、現在の医療・福祉の体制では、その後の麻痺の回復は期待できないとの考えを前提としています。

 

したがって、回復期リハビリを終え、維持期になった方への麻痺肢、手指の麻痺改善を目指した治療は不十分で、治療を望んでいる方が大勢いらっしゃいます。

 

そこに「6か月の壁」を越える新しい「脳がよみがえるー脳卒中リハビリ技術」が開発されました。

 

 脳の再生力を引き出すために、患者と介助者が一体となり「傷ついた脳へある刺激を何度も繰り返し送り続けることにより、脳から患部につながる神経が弱い信号でも反応するようになる」この現象は促通効果と言われ、新しいリハビリ技術を「促通反復療法(川平法)」と言います。

 

 

 

 

身体は、基本的にはシンメトリー(左右対称)にできており、このバランスが保たれている状態の時、人は健康体でいられるのです。

 

体の異常・歪み・痛み・ストレス等は、このシンメトリー(左右対称)が崩れることに多く起因しています。

 

 万病一元瘀血にありと言われているように、あらゆる病気は血液の汚濁化、酸毒化により、末梢の血液循環の低下した弱い部位に発症します。

 

当院の施術は手技療法で、体を均整にし、患部や全身の血液循環を促進し、体の隅々の細胞に新鮮な酸素を供給し、悪化した血液を健全な血液へと浄化し、内臓を賦活するなど自然治癒力を最大限に引き出す「無害にして有効な自然療法」を行っております。